top of page
検索
  • 執筆者の写真mitsuny

催眠とは何か、と自己催眠の仕方


こんにちは!


私はカウンセラーになるためにミシガン大学の社会福祉科の修士号を取り訓練を受けてその後公認催眠療法士となり今、ニューヨークのオフィスとスカイプでの催眠療法のセッションをしています。

さて、催眠療法にて人生を変えた私。10年ほど無職から日米で本を出版。そしてラジオの出演は12回。20キロ以上の減量をしてそしてそれをずっとキープしています。


自分の経験を通して誰でも人生を180度変えられるし、若く美しく軽やかにそして幸せに年を取っていけると信じています。そして今そのお手伝いをしているのです。



さて、催眠とは。私も実は催眠療法を初めて受けたときは催眠の事を何も知りませんでした。高所恐怖症を克服するために行ったのが最初です。その時はシンガポールのペントハウスに住んでいたので高所恐怖症を早急に克服する必要があったのです。


結果はと言うと催眠療法の効果に脱帽です。そして催眠療法士になる事を決意するに至ります。仕事をしていなかった理由は一つ。自分のやっていた従来のセラピーの効果に満足できずその仕事を続けていく事がとても困難だったからです。


ちょうどその時は双子が生まれてしかも同時期に妹の子供たちをティーンエイジャーで養子にしていたので仕事からブレイクをとる事は自然とも感じました。


10年も結婚していて子供がゼロの状態から一気に4人の母になったのだからそれだけでも結構大変だったわけです。



さて催眠療法がそれだけパワフルだと言うとどうしてだろうと言う声が多くあります。ここで説明してみようと思います。

まずいつもの起きている状態を「意識」と言いますがこの「意識下」では実は私たちは大きな脳の5%程度しか使っていません。3%と言う人もいるし7%と言う人もいます。そしてもっと使っていると言う人もいますがまあ100%からは遠いところにいるのが事実と言えるでしょう。


そして「潜在意識」と言う精神状態があります。これは自然なもので誰もがその精神状態に入れるものです。実はこの「潜在意識」は誰にでも1日に数回とてもリラックスしている時に訪れるのです。


電車の中でのうたた寝や高速の運転中などのとてもリラックスしている時に「潜在意識」に入っていると言えるでしょう。


自閉症や重い精神病でないかぎりその「潜在意識」は誰にでも訪れるものなのです。



しかしながらそのパワーは驚異的です。「潜在意識下」では普段5%程度しか使っていない脳を95%まで使えるようになるし、脳の活動スピードは「意識」の時の100万倍早くなるそうです。これは科学です。


さてここで問題です。この「潜在意識」、そんなランダムな使用ではなく使いたい時に使いたい場所で起こったら良いと思いませんか。


そうです。そういった訳でこの「潜在意識」を好きな時に好きな場所で呼び出そう、と考えた人がいたのです。素晴らしいですね。


この「潜在意識」の呼び出しの事を「導入」と言います。その精神状態に誘うと言う事ですね。そして実はこの「導入」を使って呼び出された「潜在意識」の事を「催眠」と既に呼ぶのです。


しかしながら呼び出されたのも自然に訪れたものも同じ「潜在意識」に違いありません。なのに映画やテレビで大袈裟に表現されているために催眠はとても特殊なものだと思われています。


でも自然な精神状態でありとても深い瞑想のような感覚で違和感はありません。とてもリラックスしている時にこの精神状態になれるのですからとてもリラックスした状態であるのも事実です。

なので寝てしまう人も多数です。



「導入」に必要なのは身体と心のリラックスのみです。私は患者さんたちに身体をリラックスさせる指示を与え、それから波の音を使っています。そして心のリラックスですがこれは数を反対に数えるだけです。


これを行うと誰でも催眠状態、すなわち潜在意識に入れるわけです。もちろんです。マッサージと同じでマッサージを受ければ必ずリラックスすると言うこの反応は生理的なものですね。


「潜在意識」への「導入」も同じです。指示に従って身体と心をリラックスさせれば自然に「潜在意識」に入るはずなのです。


マッサージにも言える事ですがマッサージが効かない理由は一つ、リラックスをしないように抵抗した時ですね。


催眠も同じで催眠にかからないぞ、と抵抗したり怖がって抵抗するとかからないとかかかりが悪くない場合もあり得ます。

同じ部屋に誰かいたり誰かがドアをノックしたりして気が散ったりプライバシーの問題があるとそれが悪い影響を与えたりもします。


そうです。催眠は誰かを操る事が出来ないのです。それは全くのデマなのですね。ご本人が本当にやりたいと思う事、それがかなう療法なのですね。


よく成功をしている人は瞑想していると言いますが、それは納得です。瞑想はうまくやれば潜在意識を使っている状態になりますからその時に素晴らしいひらめきを得たりと言うのはうなずけます。


そして「潜在意識」と言うのは使えば使うほどもっと上手く使えるようになるのです。催眠療法で人生を変えてから個人的に決断の速さや一度決めたらあれこれ考えると言う事が本当になくなりました。


ビジネスにはこれがとても大切です。さっと決めて後悔しない。さっとメールの返事が打てる。そんな事が本当に向上したと思います。



簡単な自己メンテナンスの方法を書きたいと思います。催眠療法というのはすごく特別なものに思われていますがそうではありません。


私のところに来た患者さんには慣れてきたら自己催眠をお勧めしています。瞑想のような要領で自己の最高の能力を引き出すには最適です。


さて自己催眠でのリラックスの仕方については次に書きたいと思います。お楽しみに。





閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page